最新情報 ニュースリリース

11月28日(水)・29日(木) アクセスサッポロにて、『JAグループ北海道カンファレンス』と『地方創生シンポジウム』を開催!特設『震災対策ゾーン』には8社出展! キーワードは“地域活性”と“安心”! 2018/11/02 展示会

2018年11月28日(水)~29日(木)の2日間、アクセスサッポロ(札幌市白石区)で、“食のバリューチェーン”に関わる全ての製品・サービスが集う専門展示会「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」を開催します。また、北海道初となる、旅行、宿泊、飲食業関係者を対象とした専門展示会「観光・ホテル・外食産業展 HOKKAIDO」を同時開催します。

北海道内に加え、全国から「農業」「食」「観光」に関わる新製品やサービスが多数集結。更に、業界の最新動向を扱う充実したセミナーも多数開催します。今回、特別企画として会期中に実施される3つの注目コンテンツをご紹介します。
キーワードは「地域活性」と「安心」。農業や食、旅行・宿泊業界等に関わる方々には、今まさに仕入れておきたい貴重な情報を収集できる2日間となっています。

♦見どころ♦
1.「JAグループ北海道カンファレンス」【11/28(水)AM10:30~12:00開催】
2.「地方創生シンポジウム」【11/29(木)AM10:00~12:00開催】
3.緊急設置!特設ゾーン「震災対策ゾーン」【11/28~29展示会場内ブース】

JAグループ北海道が主催するカンファレンスでは、地域の持続可能性に不可欠な農村と都市の共生をテーマに、慶応義塾大学大学院特任教授の林美香子氏の講演と参加者との意見交換を行います。
また、はまなす財団と日本能率協会の共催企画となるシンポジウムでは、えりも、知床斜里、稚内と3つの岬の観光協会が集い、今後の観光地域づくりに向けた考え方ついてディスカッションを行います。
9月に発生した北海道胆振東部地震により、改めて企業や行政、個人単位にいたる事前の震災対策の重要性が認識されており、今回会場では震災対策製品・サービスの出展ブースを特設し、来場者へ有益な情報を提供します。
入場は登録制(無料)。公式ホームページにてカンファレンス等の聴講や来場登録を受付中です。

【開催概要】
展示会名:「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」
     「観光・ホテル・外食産業展 HOKKAIDO」
開催期間:2018年11月28日(水)~29日(木)9:30~16:00
会  場:アクセスサッポロ(札幌市・白石区)
主  催:一般社団法人日本能率協会
出展規模:136社/175ブース(2展合計、2018年11月2日現在)
来場者数:10,000名(2展合計、予定)

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【お問い合せ先】 北海道アグリ・フードプロジェクト/観光・ホテル・外食産業展事務局(担当:田中)
一般社団法人日本能率協会 KAIKA研究所内 TEL: 03-3434-0380
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
※取材のお問合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:川村)へお願いいたします。