最新情報 ニュースリリース

FOODEX JAPAN 2019でSDGsゾーン“代替食品”特別展示を開催 会期:2019年3月5日(火)〜8日(金) 会場:幕張メッセ 1〜11ホール 2019/01/17 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)ほか4団体は、2019年3月5日(火)から4日間にわたって「FOODEX JAPAN 2019(フーデックスジャパン)」を幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催するにあたり、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向けた特別展示ゾーンとして、SDGsゾーン“代替食品”特別展示を行います。なお、本展示ゾーンは、7ホールにて開催します。

■SDGs実現に向けて食品業界ができる貢献
持続可能な開発目標(SDGs)は2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成されています。

FOODEX JAPAN 2019では、SDGs実現に向けて食品業界が貢献できる分野として「1.貧困をなくす」、「2.飢餓をゼロに」、「3.すべての人に健康と福祉を」、「12.つくる責任、つかう責任」をターゲットとした企業・製品の特別集中展示を行います。これは、FOODEX JAPANへの出展企業、来場企業ともに、環境問題をはじめとしたさまざまな問題解決・課題達成に向けた製品・サービスに関する商談を希望する声が高まりスタートしました。

■SDGsゾーン“代替食品”特別展示について
SDGsの具体的な実現に向けて、下記に関する企業や団体の出展を予定しています。
○代替食品
世界全体の人口増加と中間層の拡大により一人あたりの肉や魚の消費量は拡大しており、将来のたんぱく質不足問題の解決に向けた代替食品が求められています。具体的には、大豆ミート等のアレルギー対応食や次世代の代替食品として注目されている昆虫食などです。昆虫食に関しては、直接食べるだけでなく飼料に混ぜて使用するなどの間接的な摂取方法も提供されています。

○食品ロス対策サービス・製品
飢餓や食糧危機が叫ばれる一方で、全世界の3分の1の食品が捨てられています。食品ロスの対策を行うための”お持ち帰りバッグ”などの製品や余剰食品のシェアサービスなどのサービスなどの出展も募集しています。

○その他、SDGsに関する取組みを行っている企業・団体

■出展のご案内
来場する食品関連バイヤー約85,000名との商談だけでなく、国内外700を超えるメディア・媒体からも注目されているFOODEX JAPANでは、SDGsを実現するための製品・サービスや出展企業の取り組みの認知向上・ブランド力向上を図れます。また、すでにご出展申込み企業には自社ブースの認知向上を図るための特別展示プランをご用意しております。(各プラン限定10社)
出展のお申込み・お問合せはこちら

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【本リリース内容に関するメディアの方からのお問い合わせ先】
広報事務局(シェイプウィン株式会社内) 担当:島・神村
TEL:03-6427-2298 FAX:03-6740-2095 Mail:press-foodex@shapewin.co.jp