最新情報 ニュースリリース

国際ドローン展・交通インフラWEEK 4月17~19日幕張メッセで同時開催! 2019/03/26 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2019年4月17日(水)~19日(金)に、幕張メッセ(千葉県美浜区)で、『第5回国際ドローン展』および『交通インフラWEEK』の総称のもと、「第4回駅と空港の設備機器展」、「第4回バス・トラック運行システム展」、「第2回駐輪・駐車場設備・システム展」を同時開催します。

国際ドローン展は、日本初のドローン(無人航空機)の産業利用に焦点をあてた専門展示会として、2015年に初開催し、今回で5回目を数えます。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野におけるドローン(無人航空機)の利用に焦点を当て、ドローン本体、構成技術、産業応用事例までを一堂に紹介するショー&カンファレンスです。約40社が出展し、ドローンの産業利用に焦点を当て、実際のビジネスとしてドローンが活用されている事例を紹介します。
また、好評企画「ドローン飛行デモンストレーション」では、三信建材工業、SkyLink Japan、スカイスコープソリューションズ/長岡技術科学大学、空撮技研、東洋製罐による自律飛行デモが行われます。

同時開催では、交通インフラWEEKの総称のもと、駅と空港の施設・設備・システム・サービスに関する専門展示会「第4回駅と空港の設備機器展」バス・トラック運行の安全性・効率性の向上を支援する専門展示会「第4回バス・トラック運行システム展」駐輪・駐車場に関する最新のシステム・サービス・設備に関する専門展示会「第2回駐輪・駐車場システム・設備展」が開催され、次世代の交通インフラに関する技術・サービスの情報を約50社が出展します。
今年のキーワードは、次世代の移動サービスを総称する「MaaS(マース)」。多彩なブース展示や専門家のセミナー、特別講演会が開催されます。

ドローンや交通インフラに関する商品が一堂にご覧いただける機会です。是非、本展へのご取材をお願いいたします。取材方法はこちらをご覧ください。

詳細はニュースリリースをご覧ください。
本展の見どころ、注目の講演会も掲載しております。

【本件に関する問い合せ先】
国際ドローン展 / 交通インフラWEEK事務局
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター (担当:内田、飯田、國部、香川)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL: 03-3434-0587 / FAX: 03-3434-8076 / E-mail: tf@jma.or.jp
※取材に関する問い合せは、広報室(TEL: 03-3434-8620 / E-mail: jmapr@jma.or.jp 担当: 川村・斎藤)までお願いいたします。