最新情報 お知らせ

新型コロナウイルス感染防止への対応について 2020/08/04 お知らせ

最終更新日 2020年8月4日
発信日   2020年5月19日
一般社団法人日本能率協会

日本能率協会(JMA)では、8月に開催する公開研修について以下の対策を講じます。

―セミナー等、公開研修にご参加ご来場に対する事前のご案内:
下記項目について、事前にホームページやメール配信等にてご案内しております。

1)研修当日の朝に受講者自身による体温測定
2)手指の殺菌消毒、手洗い、うがい、咳エチケットの励行
3)発熱や咳など感染の‟疑い”のある症状の方の、セミナー等、公開研修へのご参加   
  ご来場見合わせ、参加日程変更のお願い
4)研修参加中に体調が悪くなった際は、必ず事務局にお申し出いただく
5)マスク着用の必須

―研修会場にて:
以下の対応をしております。
1)受講者全員ならびに講師、JMA職員の体温測定とアルコール消毒の実施
2)熱がある方の研修参加中止
3)各研修室:アルコール消毒液の設置
4)ビル内トイレ:液体せっけんの設置
5)研修時間中の研修室・研修会場共用スペースの常時換気
  休憩時は研修室ドア・窓を開放状態にし、密閉状況を回避(研修室によっては窓のないこともあります。)
  参加定員は通常の40~60%程度とし、研修室内の受講者同士の距離を確保
  グループ、ペア演習などは通常よりも距離を確保し、密接場面を回避
6)受講者全員ならびに講師、JMA職員の健康と安全を考慮した、マスクの着用
  グループセッションの際には希望者にフェイスシールドを提供

―JMA職員に対して:
世界保健機構(WHO)や厚生労働省などの発表に基づき、小会内にて対応策を決定しています。
万一感染した際は、人事部に連絡することを義務付け、JMA職員の健康状態の把握・情報収集を行っています。

1)各自の健康管理・健康観察(毎朝の検温など)の義務付け
  検温した結果、熱がある場合は、上長へ報告の上、医療機関を受診し、出勤を控える
2)時差通勤の積極的な活用、在宅勤務の導入
3)出勤時・外出後の入室前の手洗い・うがい、咳エチケットの励行
4)お客様ならびにJMA職員の健康と安全を考慮した、マスクの着用

今後も情勢の推移を踏まえ、柔軟に対応する所存であり、本対応は予告なく変更する可能性がございます。