最新情報 お知らせ

【ご挨拶】2021年を迎えて 2021/01/01 お知らせ

皆様におかれましては健やかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は新型コロナウイルス感染症の対応に終始する一年となってしまいました。世界ではワクチンの開発が進み、解決に向け少しずつ前進している印象もありますが、経済活動においては、一部業績を伸ばしている企業はあるものの、多くの企業はコロナ禍の影響を受けて非常に厳しい状況に直面しています。未来が見えにくい今こそ戻るべきは経営理念であり、存在意義であると思います。

日本能率協会(JMA)はKAIKA経営を提唱してまいりましたがKAIKAは企業・組織が「個の成長」「組織の活性化」「組織の社会性(つながり)」を同時に実現していくというプロセスを指す考え方です。それぞれの企業・組織が経営理念や存在意義を確認しながら、それぞれのやり方で同時実現を目指しています。

事業基盤の強化・ビジネスモデルの変更において、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みは外すことのできないものとなっています。加えてSDGsやESG投資が注目されるなど、事業を通じた社会的価値の創出が今まで以上に求められています。このような変化を受けて、小会では「The Future of Japan」を統一テーマにオンラインカンファレンス「JMA GARAGE 2021」を1月末に初開催します。台湾のデジタル担当大臣オードリー・タン氏をはじめ多様な視点・経験・主張を持つゲストスピーカーから「イノベーション創出のヒント」を発信いただき、企業の成長を支援いたします。

SDGs、DXいずれも推進人材の不足が企業の大きな課題となっておりますが、すべての産業は「人」を起点とし、「人」が社会や未来を変えていくことに変わりはない、と我々は考えています。今後も、人材育成支援をはじめ、産業を振興する活動を通して、働く人々と企業、産業界、さらには国際社会の発展に貢献していけるよう、引き続き努力してまいる所存です。

厳しい時代ではありますが、戦後から近年のリーマンショック、災害被害まで幾多の困難を乗り越え、復活を果たしてきた日本はこの難局も克服できるものと信じています。
今年一年が、皆様にとりまして良い年になることを祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

一般社団法人日本能率協会 会長 中村 正己