最新情報 ニュースリリース

第2回「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」札幌で11月開催 “食のバリューチェーン”に関わる製品・サービスの出展を募集中 2018/03/09 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2018年11月28日(水)〜29日(木)の2日間、アクセスサッポロ(札幌市白石区)で、“食のバリューチェーン”に関わる全ての製品・サービスが集う専門展示会「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」を開催します。

「北海道アグリ・フードプロジェクト」は、有識者による実行委員会(委員長:北海道大学 大学院農学研究院長 横田篤)が企画主体となり、年に一度の“イベント&カンファレンス事業”と、研修や交流機会を提供する “学習&交流事業”を実施しています。

2017年11月に初の開催を迎えた“イベント&カンファレンス”では、農業生産資材メーカーや食品メーカーなど138のブースが出展し、農業生産者から消費者に至る全行程の関係者ら7,451名が来場しました。

第2回となる2018年の開催では、生産資材の他、スマートアグリ、研究開発、加工設備機器、流通設備機器、食材など“食のバリューチェーン”に関わる製品・サービスの出展を募集します。

出展ブースの広さはゾーンにより、約9平米と、約6平米の2種から選択が可能。

申込み締切は、出展料の割引がある2018年7月6日(金)の早期申込みと、2018年8月3日(金)の通常申込みの2段階。

お申し込みは日本能率協会(TEL:03-3434-1988)まで。

展示会名:「北海道アグリ・フードプロジェクト イベント&カンファレンス 2018」
開催期間:2018年11月28日(水)〜29日(木)9:30〜16:00
会  場:アクセスサッポロ
主  催:一般社団法人日本能率協会
企画主体:北海道アグリ・フードプロジェクト実行委員会
(JAグループ北海道、北海道大学、北海道二十一世紀総合研究所、道銀地域総合研究所、
北海道商工会議所連合会、北海道経済連合会、日本貿易機構(JETRO)北海道、北海道新聞社、日本能率協会コンサルティング、日本能率協会)※順不同・2018年3月現在
出展規模:130社/160ブース(予定・同時開催展含む)
出展ゾーン:生産資材/スマートアグリ/研究開発/加工設備機器/流通設備機器/食材
※出展対象の詳細は次頁参照のこと。
来場者数:10,000名(予定・同時開催展含む)
来場対象:農業生産関係、流通関係、小売・店舗関係、メーカー関係、ホテル関係、官公庁、学生 ほか
同時開催:「観光・ホテル・外食産業展 HOKKAIDO」


北海道アグリ・フードプロジェクト事務局(担当:田中)
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内 TEL: 03-3434-1988
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
※取材のお問合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。