最新情報 ニュースリリース

第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【理想のチーム編】 結果 魅力を感じるのは「助け合う」チーム 2018/11/21 調査

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
今回は「チーム*の雰囲気」が働く人の満足度やモチベーションにどう影響しているか、その意識を聞きました。(*本アンケートでは、所属するもっとも身近な部署の単位((課・グループ))と定義、以下同様)

<トピックス>

1.現在の職場のチームの雰囲気、「満足」は半数強。50代、非正規職員では、過半数が満足せず。満足の理由は、「困ったときの助け合い」「創意工夫」「情報共有や学びあい」ができているから。一方、満足していない理由は、「フェアな評価」「困ったときの助け合い」「本音を話す」がなされていないから。

2.魅力を感じるチームは「困ったときに助け合える」「メンバー同士の仲が良い」「コミュニケーションが活発」。チームの雰囲気に満足している人は、良好な人間関係を魅力と感じる傾向が強い。

3.チームに満足している人はリーダーの雰囲気づくりを高く評価する一方、満足していない人はリーダーへの評価が低い傾向に。チームリーダーが職場の雰囲気への満足度に影響か。

4.上司から言われて嫌だと思う一言、1位「使えないな」、2位「そんなこともできないのか?」、3位「余計なことをするな」。一方、やる気がでる一言は、1位「ありがとう」、2位「よくやった」、3位「頑張ってるね」。感謝とねぎらいの声かけがモチベーションアップに。

※調査概要、結果の詳細はニュースリリースをご覧ください。

■ビジネスパーソン1000人調査バックナンバーはコチラ■

【本件に関するお問い合せ】
一般社団法人日本能率協会 経営企画センター 広報室(担当:斎藤)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL:03-3434-8620または080-3201-4599/Email:jmapr@jma.or.jp