最新情報 ニュースリリース

2019年10月メンテナンス&レジリエンス アジア、 タイで初開催!【出展募集を開始】 タイ現地の持続可能なものづくり現場及びインフラ稼働を導きながら、日本企業のASEAN市場におけるビジネス拡大を支援します! 2018/11/30 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、タイ工業省、タイ運輸省、タイ工業連盟、タイ投資委員会、またタイ最高学府の一つであるチュラロンコン大学と連携し、展示会及びカンファレンス形式の複合型B to Bイベント「Maintenance & Resilience ASIA(メンテナンス&レジリエンス アジア)」を、タイ現地展示会主催会社のExposis社と共に、バンコクにて初開催します。

本イベントは日系企業が多く進出し、ASEANにおけるビジネスハブとして位置づけられるタイにおいて、上記の分野における最新設備機器やシステム、メンテナンス技術や労働環境改善ソリューション、サプライチェーンなどの提案により、日系企業のビジネス拡大を支援しながら、タイ政府が推進するタイランド4.0政策に寄与する持続可能なものづくり現場及びインフラ稼働を実現することを目的として開催されます。(開催背景詳細は、こちらをご覧ください

現在、産業&社会インフラの新設とメンテナンスに関する製品・技術・サービスの出展募集を開始しました。お問い合せは、日本能率協会・産業振興センターMaintenance & Resilience ASIA(メンテナンス&レジリエンス アジア)事務局(TEL 03-3434-1988)まで。

【開催概要】
■名   称 :Maintenance & Resilience ASIA 2019(メンテナンス&レジリエンス アジア2019)
■会   期 :2019年10月2日(水)~4日(金)
■会   場 :BITEC(バンコク国際貿易展示場)
■主   催 :一般社団法人日本能率協会、Exposis Co., Ltd
■共   催 :タイ工業省、タイ運輸省、タイ工業連盟
■協   力 :タイ投資委員会、チュラロンコン大学工学部
■展示予定規模:180社/250ブース
■出 展 分 野 :1. 工場・プラント メンテナンス技術 / 設備・システム
        2. インフラメンテナンス技術 / 資材
        3. メンテナンス支援サービス
        4. 労働安全衛生
        5. 高機能物流システム、サービス
■来場予定者数:10,000名
■来 場 対 象 :以下の分野における経営者、支店長、現場監督者、公共事業を発注する政府関係者をはじめとした、タイおよび現地日系企業・団体の決裁者
        ●自動車 ●化学 ●食品 ●ITデバイス・電気 ●鉄鋼 ●機械 ●製造 ●電力 ●建設 ●施設管理 ●物流 ●交通 など

■出展費用(※スペースのみ):早期申込(2019年3月29日まで):1㎡あたり35,520円
                通常申込(2019年7月26日まで):1㎡あたり38,850円
※パッケージブースもございます。公式サイトををご覧ください。

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【本件に関する問い合せ先】Maintenance & Resilience ASIA(メンテナンス&レジリエンス アジア)事務局
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内(担当:金田・上沖)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL:03-3434-1988 E-mail:mra@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤・川村)へお願いいたします。