最新情報 ニュースリリース

第9回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革と副業編】結果 働き方改革「実感している」3割に。2017年比10ポイント増 2019/02/06 調査

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行っています。この調査は、働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。
今回は、「働き方改革」と「副業」について取りあげました。

トピックス

<働き方改革>
1.働き方改革「実感している」、約3割。前回(2017年)調査に比べ、10ポイント以上増加。20代は約4割が実感していると回答するも、50代、60代では3割を切る結果に。

2.「働き方改革」実感の理由は、「有休取得」「残業減」「ムダな業務・会議減」がトップ3に。前回(2017年)に比べ、「女性活用」は大きく後退。

3.「働き方改革」実感していない理由は、「ムダな業務・会議が減らない」が他を引き離してトップに。次いで「給与格差がなくならない」「有休が取得できない」が続く。

<副業>
4.現在の職場で「副業をやってみたい」と考えている人は全体で4割、一方、経験者は約2割とギャップあり。20代では「副業をやってみたい」人が6割を超える。

5.副業の理由は「収入増」が9割と圧倒的多数。一方副業をしたくない理由は「時間に余裕がない」が6割でトップに。副業にあてる理想的時間は、本業の「1割以上2割未満」が約6割に。

※調査概要、結果の詳細はニュースリリースをご覧ください。

■ビジネスパーソン1000人調査バックナンバーはコチラ■

【本件に関するお問い合せ】
 一般社団法人日本能率協会 経営企画センター 広報室(担当:斎藤)
 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
 TEL:03-3434-8620  Email:jmapr@jma.or.jp