最新情報 ニュースリリース

~日本のものづくりと新産業の創出を支援する総合展~INDUSTRY-FRONTIER2019初開催 4月17~19日、幕張メッセでTECHONO-FRONTIER2019と同時開催!製品開発から生産・製造まで一貫したものづくりを紹介 2019/03/19 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2019年4月17日(水)~19日(金)に、幕張メッセ(千葉県美浜区)で、製品開発から生産・製造まで一貫したものづくりの支援を目指し、『INDUSTRY-FRONTIER』の総称のもと、IoT技術を活用した次世代ものづくりの推進を目的とした「“つながる工場”推進展」、生産拠点としての工場インフラの充実を目的とした「生産と工場の設備・備品展」、ものづくりを一貫して支援するシステムを目的とした「開発・設計・生産システム展」、新技術・新産業としてもAI技術を目的とした「AIとロボティクス産業展」の4つの専門展示会を初開催します。

本展では、設計・開発、生産技術、製造の垣根がなくなりつつあり、トータルな対応へのニーズが高まっているものづくり業界において、上流から下流までを俯瞰できるイベントとなり、主にエンジニアから高い関心をいただいています。
初開催にあたり、4月17日(水)9時30分(予定)よりオープニングセレモニー会場(2階中央エントランス)にて、テープカットセレモニーを実施いたします。日本のリーディングカンパニーにご登壇いただきます。

同時開催のTECHNO-FRONTIERと併せ、本展へぜひご取材をお願いいたします。取材方法はこちらをご覧ください。

【総称:INDUSTRY-FRONTIER2019 開催概要】
構成展: 第1回 “つながる工場”推進展 / 第1回 生産と工場の設備・備品展 / 第1回 開発・設計・生産システム展 / 第1回 AIとロボティクス産業展
会 期 : 2019年 4 月 17 日(水)~19 日(金)10:00~17:00
会 場 : 幕張メッセ 4~7ホール
主 催 : 一般社団法人日本能率協会
展示規模 : 28社/44ブース (同時開催展全体で397社/806ブース)(2019年3月14日現在)
入場登録料 :¥3,000(ただし、事前登録証持参者、招待状持参者は無料。16 歳未満の方は入場不可)
来場予定者数 : 32,000名(同時開催展全体)
来場対象者 : 各種機器・装置メーカの開発設計・研究者、生産技術、購買・調達担当者
同時開催 : TECHNO-FRONTIER2019第5回国際ドローン展交通インフラWEEK2019

詳細はニュースリリースをご覧ください。
本展の見どころ、注目の講演会・出展者情報も掲載しております。

【本件に関する問い合せ先】
INDUSTRY-FRONTIER / TECHNO-FRONTIER事務局
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター (担当:飯田、内田、國部、香川)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL: 03-3434-0587 / FAX: 03-3434-8076 / E-mail: tf@jma.or.jp
※取材に関する問い合せは、広報室(TEL: 03-3434-8620 / E-mail: jmapr@jma.or.jp 担当: 川村・斎藤)までお願いいたします。