最新情報 ニュースリリース

世界最大のB to B産業技術の展示会「ハノーバーメッセ」 ジャパンパビリオン2020年も設置決定 ~日本のコネクテッド・インダストリーズ技術・ソリューションを世界へ発信~ 2019/08/27 展示会

最新の産業技術・製品が一堂に会す世界最大のB to B専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ(主催:ドイツメッセ株式会社)。
次回は、2020年4月20日(月)~24日(金)に、ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催されます。

インダストリー4.0を打ち出し、製造技術のデジタル化を進めるドイツが誇る同展は、製造業のための最新の技術・ソリューションが一堂に会する場であり、世界中の製造業関係者が来場します。
一般社団法人日本能率協会(JMA)ドイツメッセ日本代表部、ならびに、ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)が共同で、日本政府が掲げるConnected Industries (コネクティッド インダストリーズ)とその関連技術、製品、ソリューション、最新事例を世界に発信する場として、「Japan Pavilion For Connected Industrie(ジャパン パビリオン フォー コネクティッド インダストリーズ)」を同展に2020年も設置いたします。企業様からのニーズも高く、今回で3回目の設置となります。

同パビリオンの設置場所は、ハノーバーメッセの人気エリアである「Digital Factory」から2020年より名称変更される「Digital Ecosystem」になる予定です。
また、2020年は、一般社団法人日本電機工業会、Industrial Value Chain Initiative(インダストリアル バリューチェーン イニシアティブ)と展示エリアを隣接、一体化させ150平米規模になる予定です。広大な「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」の中で、より大きな展示エリアとなり、同パビリオンのプレゼンスの向上を図ります。

あわせて、同パビリオンの構築に当たり、日本のConnected Industries (コネクティッド インダストリーズ)の世界への発信と普及にご賛同、ご支援いただける企業様を募集いたします。
ご支援いただける場合は、パビリオン内にロゴやカタログを掲出いたします。

概要や詳細は、ニュースリリースをご覧ください

【本件に関するお問い合せ】
一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部 担当:竹生(たけお)、小坂(こさか)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 / TEL: 03-3434-6447 / E-Mail: DMS@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、MAIL:jmapr@jma.or.jp、担当:川村)へお願いいたします。