最新情報 ニュースリリース

2020年度新入社員意識調査<ダイジェスト版>スペシャリスト志向、実力・成果主義志向の新入社員が顕著に ~アフターコロナに向けて、ますます重要になる社員の自律・キャリア支援~ 2020/06/23 調査

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、小会が提供する新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象に、仕事や働くことに対しどのような意識を持っているか調査を行いました。
この調査は、4月2日~4月7日に紙アンケート調査で実施し、307人から回答を得ています。

■トピックス:今年の新入社員の素顔■
1.スペシャリスト志向が6割超と昨年より増加。
  「実力・成果主義」志向が高まって、この10年で過去最高に。

2.仕事に必要な能力・スキルを身に着ける責任は「個人」にあるとの回答が9割近くに。      
  今の気持ちを表す漢字にも、「学」が増加し、第3位にランクイン。

3.働く目的:「仕事を通じてやりがいや充実感を得ること」がトップに。
  やりがいを求める新入社員が半数超え

4.理想の上司:「仕事について丁寧な指導をする上司・先輩」が6割に。

5.リモートワーク、カジュアルな服装といった職場環境を重視。
  コミュニケーションの取り方にZ世代の特徴が如実に。

調査結果の詳細はニュースリリースをご覧ください。

【お問い合せ】
一般社団法人日本能率協会 広報室 (担当:川村)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-8620または090-6038-4599/FAX:03-3433-0269/Email:jmapr@jma.or.jp