最新情報 ニュースリリース

「TECHNO-FRONTIER2021」東京ビッグサイトにて開催決定、 出展募集開始 開発・設計DXや非接触Techなど新たな構成展示会を加え、2021年6月23日(水)~25日(金)開催 2020/10/21 展示会

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2021年6月23日(水)~25日(金)の3日間、製造業のエンジニアに向けて、技術開発促進と課題解決のためのメカトロニクス、エレクトロニクス専門技術展「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2021」を東京ビッグサイトで開催します。本展は新たに「開発・設計DX」「非接触Tech」「自治体パビリオン」を加えた11の展示会で構成されます。同時開催となるINDUSTRY-FRONTIER 2021、交通インフラWEEK 2021、第7回 国際ドローン展と合わせて500社800ブースを見込んでおり、現在、出展企業を募集しています。

TECHNO-FRONTIER は、モータ/電源/センサなどの要素技術をはじめ、製品設計に関する幅広い製品・技術の展示と、最新技術動向が学べるシンポジウムが同時開催される約40年の歴史を持つショー&カンファレンスです。近年では約30,000名の来場者のうち、約6割を研究・開発・設計・生産・製造技術者などのエンジニアが占めており、専門性の高い技術・情報・人的交流の場となっています。

あらゆる産業においてDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進む中、製造業においてもエンジニアリングチェーンのデジタル化・3D化が課題となっています。「開発・設計DX」では、CAD/CAM/CAEから、技術情報管理やマネジメント支援ツールまで、製品設計に不可欠な実務ツールにフォーカスし、製造業のデジタル化を促進します。
また、アフターコロナ・ニューノーマル時代においては衛生管理・感染防止の観点から、これまで触れて操作していたものをタッチレス対応に代替するニーズが高まっています。「非接触Tech」では、センサや認識、認証技術、測定技術など非接触型のユーザインターフェースを支える技術を取り上げ発信します。
「自治体パビリオン」は、加工技術をはじめ地域で育まれた高度な技術力をエンジニアに向け訴求できる新設展示会です。自治体ごとに特色を紹介できる場を通じて、地場産業の育成、ブランド向上、販路開拓の観点から日本のものづくりを支援します。

このほか同時開催展となるINDUSTRY-FRONTIER 2021では、「第1回予兆診断・保全特集」、「第1回 組立・加工工場内の協働ロボット展」、「第1回 組立・加工工場内のセキュリティ展」、交通インフラWEEK2021では「感染対策×交通インフラWEEK」をそれぞれ企画ゾーンとして新たに立ち上げます。現在、展示会の公式ホームページ(https://jma-tf.com)にて出展申込を受け付けています。締め切りは2021年2月26日(金)となっており、12月24日(木)までは早期申込割引料金が適用されます。

【 TECHNO-FRONTIER2021 開催概要 】

・名称 TECHNO-FRONTIER 2021
    (構成展示会)
     モータ技術展、モーション・エンジニアリング展、メカトロニクス制御技術展
     部品設計・加工技術展、電源システム展、EMC・ノイズ対策技術展
     熱設計・対策技術展、電子部品材料展、開発・設計DX、非接触Tech、自治体パビリオン

・会期     2021年6月23日(水)~25日(金)10:00~17:00
・会場     東京ビッグサイト 青海展示棟
・主催    一般社団法人日本能率協会
・展示予定規模 500社/800ブース(※同時開催展示会含む)
・来場予定者数 30,000名(※同時開催展示会含む)
・同時開催展  INDUSTRY-FRONTIER 2021、交通インフラWEEK 2021、第7回 国際ドローン展

詳細はニュースリリース全文をご覧ください

【本イベントに関するお問い合わせ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター TECHNO-FRONTIER事務局 
担当:安松、飯田、海老原、国部、堀内 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-0587、FAX:03-3434-8076/E-mail:tf@jma.or.jp

【 報道関係の方のお問い合わせ先 】 
一般社団法人日本能率協会 広報室 田部
TEL:03-3434-8620  E-mail:jmapr@jma.or.jp